MM2Hを取得して、マレーシアに暮らす

暮らしてみたい国ナンバー1、マレーシア。
そんなマレーシアに長期滞在するのに、一番便利なビザは「MM2H」(Malaysia My Second Home)。

マレーシア政府によって推進されている長期滞在ビザで、取得すると10年間の長期滞在が許可される。
一定の基準をクリアすれば、年齢に関係なく、誰でも取れる。

私の場合、60歳の定年になる前に取得しておいて、定年とほぼ同時に暮らし始めた。

延長して働く気はなかった。
何年か前から、退職してからの暮らし方を、いろいろ考えていた。

海外旅行が好きで、実直なサラリーマンの頃から、目を盗んではせっせと行っていた。
そんなことから、数年前から海外で暮らすのもいいな、と考え始めていた。

ペナン、キャメロンハイランド、チェンマイ、バンコク、ケアンズ、ゴールドコースト、などなどにも行ってみて、最終的にここクアラルンプールに決めた。

長期滞在ビザの「MM2H」は、まだ勤めているうちに、10日間の夏期休暇を利用して取っておいた。
在住の先輩たちから、退職する前に取っておいた方がいい、と言われてそうした。
正解だったと思う。

もしかしたら、次の方の参考になるかなと思って、私が取得した経緯を書き残しておくことにした。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。